【腹横筋(丹田)を使えるようにして腰痛改善】

みなさんは丹田って聞いたことありますか?
腰痛を予防したり改善するためにいろいろなエクササイズがあります。
腹筋を鍛えるとか背筋を鍛えるとか、大腰筋を鍛えるとか股関節を柔軟にするとかいろいろあります。
でも、この丹田に力が入らなければそれらのエクササイズをすることによってかえ
って筋肉を痛めてしまったり腰痛悪化させてしまうこともあります。
丹田は、筋肉の名前と言うと腹横筋に当たります。
もともと武術の世界では、技を出すのはまず丹田からと言われるように、力を入れる場合に最も重要な場所とされてきました。私も空手をやっていましたが、この丹田が使えるようになると技のキレも動きも格段に良くなったことを覚えています。
では、この丹田の働きがどのようなものか試してみましょう。
まずは仰向けに寝て、足を伸ばします。そして、どちらの足でもいいので膝を伸ばしたままゆっくり3秒位で上がるところまで上げてみてください。
このときの足の上がりやすさを覚えておいてください。
次におへその下あたりに力を込めて、お尻の穴を閉めて、その状態で先ほどと同じように足を上げてみてください。
後の方が足が楽に上ることがわかるでしょう。
このように丹田に力を入れることができるようになると、手や足や腰を動かす時もより力が入りやすくなるのです。
腰に力を入れる場合も、この丹田が使えるようになると、腰の筋肉を傷めにくくなり、腰痛の予防や改善に役立ちます。
では丹田を鍛えるエクササイズを紹介していきましょう。
動画にしておきましたので、下のURLをクリックしてみてください。
--------------------
菊川カイロプラクティック院
☎0120-844-497
営業時間 8:30~ 20:00 日曜日・祝日休業
--------------------