20km離れた菊川カイロに妻が行く理由。家族の笑顔とささやかな幸せに感謝。

お客様写真
アンケート用紙

妻が体の歪みや痛みを気にし始め「整体に行ってくる」と言い出したのは今から2,3ヶ月前のこと。

近所の整体院だろうと簡単に考えていたものの、妻が色々と調べて決めた先は20キロ以上離れた菊川町。「なぜわざわざ菊川町まで?」それに「カイロプラクティックって何?」と初めは疑問に思っていましたが、毎週のように通院し、なんだか楽になった気がすると言う言葉と共に、笑顔で帰ってくる妻の姿が印象的でした

そんなある日、何度か妻について行ったことがある5歳の次女が、「がいこつさんがいる所に行く!」と、うれしそうに話しているのを見て、病院嫌いの私も、初めてついて行ってみることにしました。

ちょうどその時私は、足を骨折して包帯を巻いていたのですが、院長先生は受信した妻だけでなく、私にまで気さくに声をかけ、体の事についていろいろ教えてくださいました。
また、自宅でも妻にできるお灸の方法についても丁寧に教えてました。
おかげで居心地の良い空間の中で、有意義にして、さらに”心身ともに健康”と言う言葉の意味を改めて実感する時間とまた

健康だから笑顔になれる笑顔になれるのか、笑顔でいるから健康になれるのかわかりませんが、体の不具合を改善するだけでなく、家族の笑顔とささやかな幸せをもたらしてくれた菊川カイロプラクティック院さん、ありがとうございました。

また家族で邪魔します。

男性 川中 E.H.さん 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加