その他の症状

生理痛

めまい

肩の痛み

足のしびれ痛み

手のしびれ

生理痛

生理痛は、差はあっても、たいていの女性が経験するもので、一説では、女性の9割は生理の悩みに直面すると言われています。

 

また、吐き気や頭痛・めまい・下痢や便秘をしてしまったり、イライラする症状がある人も多く、生理痛のあまりの痛みのために寝込んでしまったり、仕事が手につかなくなるなどもあるようです。

 

「生理痛」も女性を悩ます大きな症状のひとつです。

 

最近では口コミで「生理痛がひどいのですが、カイロで治りますか」といって来院される患者さんも増えてきました。もともとは、腰の痛みで来院され、治療をしていると生理痛も改善したという患者さんが多かったのですが、最近では生理痛の改善を目的に来院される方が増えました。

 

「生理になれば、痛みがでるのは当たり前だと思っていたのに、痛くならなかったので驚いた」といわれる方もおられます。

 

○なぜ生理痛になるの?

生理痛の原因には、もともと冷え症で、血流が悪いことや、子宮・卵巣に問題がある場合や、子宮の収縮が強い場合。それと子宮口が成熟していない場合などもあるようです。

 

また、子宮の入り口(子宮頸部)がしっかり閉じて開きにくいことが、生理痛の原因と理由にあげられます。

 

子宮や卵巣に問題がある場合は、婦人科で検診され治療されることをおすすめします。

 

しかし、多くの生理痛は、お医者さんにいってもはっきりとした原因がわからない場合があります。

 

カイロプラクティックでは、骨盤のゆがみが生理痛と関連があると考えます。

子宮は仙骨子宮靱帯という靱帯で仙骨(骨盤の中央にある三角形の骨)にぶら下がっています。骨盤のゆがみは子宮の位置を狂わせたり、場合によっては子宮を後屈にし、排液を阻害します。そういった問題が子宮にストレスを与え、お腹や腰の重い痛みを起こします。

また、仙骨は頭蓋骨とも連動して動きます。生理痛で骨盤内の臓器が痛みを発すると、骨盤もよりゆがみ、その結果として頭蓋骨を狂わせ、頭痛を引き起こします。

○当院の治療例

【30代 女性 会社員】

症状:学生時代から生理になると強い腰痛と腹痛を感じる。普段から腰が痛い。背中、肩、首にこり感がある。足の外側に痛みがある。

この方はもともとの来院は腰の痛みでの来院でした。治療をすすめるうち生理痛がなくなっていた例です。

 

1回目
検査の結果、骨盤の左側仙骨と腸骨の間の靱帯がゆるみ、仙骨がゆがんでいました。

腰の骨(腰椎5番)にゆがみがあました。背骨と腰もs字に弯曲しており、首の骨のにもゆがみがありました。
骨盤のゆがみをとり、仙骨と腸骨のゆるみを改善するよう調整を行いました。
2回目

前回と同様の治療の後、腰の骨のゆがみを調整しました。腰の骨は前方に

すこしすべっているので、うつぶせでお腹に円柱形のまくらをおき調整しました。

大腰筋(腰の骨から大腿骨につながる骨)の調整を行いました。

大腰筋が緊張していると、腰の骨を前に引き出してしまいます。

 

腰と足のいたみが半分くらいになりました。

 

前屈の姿勢で腰に痛みがますので、家でできる腰のストレッチをやってもらうように指示しました。

 

3回目

腰の痛みは来院前の半分くらい、午前中は腰の痛みがあるが、午後はだいぶ楽に

なったとのこと。

前回までの治療を行い、首の骨の調整をしました。さらに横隔膜の調整を行いました。

横隔膜に緊張があると肋骨を前方に引き下げ猫背になります。そのため背中や肩、首の筋肉が大きな負担を負うことになります。

女性の肩こりは横隔膜の緊張をとることで改善されることも多くあります。

 

生理痛を緩和するためにおなかにキネシオテープを貼りました。

 

背中と肩のこりが、ずいぶん楽になったとのこと。

 

その後2回治療を行い、今は月2回のペースで継続してこられています。

来院してからも生理があったが、今まで10の痛みがあったとすると、この

たびは0だったといわれました。

生理痛は学生のころから、あって当たり前と思っていたのに、すこしお腹に重さを感じるくらいで痛みはなかったと喜ばれていました。

 

もともとの腰の痛みも、来院前の5分の1くらいになっているとのことでした。

 

コメント

生理痛の場合、子宮関連の炎症や腫瘍の場合もあります。しかし、それらの検査で異常がない場合、原因は骨盤、腰椎にあることが多いようです。

子宮はお腹のなかで固定されているわけではないので、骨盤や腰の骨のゆがみの影響を受けやすいのです。

骨盤の状態によって子宮が後屈になる場合もあります。生理痛があるといってカイロプラクティックを受けにくる人は少ないのですが、腰痛でこられた女性の8割は生理痛もあるといわれます。

腰痛の治療のために、骨盤や背骨を調整することでほとんどの方が生理痛もよくなったといわれます。

 

めまい

当院に来られる方の中にめまいの症状をお持ちの方もおられます。

めまいとは、一般的に「目がまわること、目がくらむこと」と、認識されていると思います。

めまいは、頭痛と同様で日常生活の中で起こる、ありふれた症状といえます。

 

めまいは、安静にしている時、あるいは運動中に、自分自身の体と周囲の空間との相互関係・位置関係が乱れていると感じ、不快感を伴った時に生じる症状といえます。

 

具体的な、めまいの症状は、自分の周りがグルグルとまわっているように感じたり、なんだか雲の上を歩いているように、足元がフワフワ感じたりするといものです。

 

座っていた体勢から、立ち上がるときに感じる、いわゆる「立ちくらみ」も、めまいの一種です。

 

このように、日常でちょっとした時に誰でも体験しているのが、めまいなのです。

 

○どうしてめまいがおこるの?

私たちは、どのような仕組みで“めまい”を感じるのでしょうか?

人の脳は、三半規管や耳石器からの信号や、目からの視覚情報、筋肉や関節からの知覚情報などを受け、自分の姿勢や行動を認識しています。

普通は、脳の認識と感覚の間に矛盾がないので、めまいを感じることはありません。

しかし、体の状態によっては、実際の行動と違う情報が脳に伝わり、頭や体は動いてないのに、動いたように筋肉反射が起こることがあります。

このような状態になった時、私たちは“めまい”を感じるのです。

 

他にも、視覚や首・腰の異常からも、めまいを感じることがあります。

特に環椎(首の一番上の骨)のゆがみはメニエル病を引き起こすといわれています。

 

つまり、脳に伝わる複数の感覚情報のアンバランスが、めまいを生じさせています。

 

また、平衡感覚器である三半規管がおさまっている、側頭骨(頭蓋骨の耳の穴がついている骨)のゆがみによってもめまいが起きます。

 

カイロプラクティックでは、背骨や頭蓋骨のゆがみを改善することで、めまいの症状を改善していきます。

 

三半規管の中では、耳石という小さな石の傾きによって、身体の平衡状態を感じ

ています。この石がはげ落ちてめまいを起こすこともあります。

 

めまいは、少数ではありますが、脳出血や脳梗塞といった、脳卒中(脳血管障害)でも起こります。

脳卒中によるめまいは、脳血管障害が起こる脳の部位によって、めまいが起こっ

たり、めまい以外の症状が起こったりします。

 

めまいには、「頭部外傷後のめまい」というものもあります。

頭部外傷後のめまいは、転倒して頭を打つなどした時に、出血や骨折などといった、目立った外傷もないのに、その直後から数日以内に起こるめまいのことをいいます。

 

片頭痛に伴うめまいは、そう多く起こるものではありませんが、

片頭痛が起こると同時にめまいが起きたり、片頭痛の前触れとしてめまいが起

こります。

 

 

○当院の治療例

【34歳 男性 会社員】

症状:

1年くらい前から時々ふらふらして、船酔いみたいな感じになる。

立って歩けないほどではないが、気分が悪くなる。

時々目の奥あたりの頭痛がある。肩もこる。

 

1回目

検査の結果、首の骨(環椎)がゆがんでいました。側頭骨の動きが悪くなっていました。

骨盤にねじれがみられました。

めまいの原因は頭蓋骨と首の骨のゆがみからきていると考えられました。

 

まず、首の骨の調整を行い、頭蓋骨の調整を行いました。

施術後、目まいの改善は確認できませんでした(来たとき目まいがおきていなかったので)が、肩が楽になったといわれました。

 

2回目

今までは、昼から特に目まいがひどくなっていたが、それが少なくなったといわれました。

骨盤のねじれの調整を行い、首全体の調整を行いまいした。

側頭骨を中心に頭蓋骨全体の調整を行いました。

頭蓋骨の場合、すべての骨がギヤのようにかみ合っているので、最終的には問題

の部位だけでなく、全体のバランスを整える必要があります。

 

治療後は目がすごく楽になったといわれました。

 

目の入っているくぼみも頭蓋骨でできています。前頭骨、蝶形骨、上顎骨、頬骨という骨が組み合わさって、目のくぼみをつくっています。それらの動きが正常になり、目がストレスから解放されたために、目が楽になったと感じられただと思われます。

 

3回目

まだ少しふらつきが起きるときがあるが、回数と程度が今までより改善したとのこと。

前回までと同様の治療を行いました。

 

4回目にこられたときは、ふらつきがしなかったといわれました。

その後、月に1~ 2回定期的に来院いただいています。時々症状がでることはあるが、以前より回数や程度はかなり減っり、症状がでてから治まるまでの時間が短くなったとのことです。

 

頭痛や肩こりが、いつの間にかなくなっていたとのことでした。

 

コメント

ひどい目まいの時は、耳石のはく離(三半規管の身体の傾きを感じる石がはげ落ちる)や脳血管障害からくることもあります。カイロプラクティックで扱える場合の、めまいの原因は首(特に環椎)と頭蓋骨の問題からおきることが多いです。

骨盤のゆがみが、頭蓋骨に問題を起こすこともあります。

首や頭蓋骨を調整することで改善する例も多くあります。まためまいが理由で来院されても、首や頭蓋骨を調整することで肩こりがなくなったり、頭痛がなくなったりするケースもあります。

カイロプラクティックでは症状を改善することを目標にするのではなく、その症状が教えてくれる身体のゆがみを改善することを目標にします。その結果、そのゆがみが引き起こしていた他の症状まで一緒に改善されることがたくさんあります。

 

肩の痛み

40肩50肩ではないのだけれども、どうも肩が痛いといわれる方がおられます。

40肩50肩とちがうところは、動かしたときにそれほどのズキッとする、鋭い痛みはないこと、夜寝れないほどのうずきがないことです。

 

以前肩を痛めたのだけど、数ヶ月たっても今だに違和感があるといわれる方や、野球をしていて、ボールを投げるときに肩が痛いという方もおられます。

 

また、肩もだけど腕から肘まで痛いという方もおられます。

 

○どうして肩に痛みがでるの?

肩は浅い関節でつながっています。上下左右あらゆる方向に動きます。そのため、関節自体が浅く、関節をつなぐ袋や、靱帯、筋肉によって腕が肩甲骨につなげられているといった感じです。

 

また、肩の関節だけでなく、肩甲骨の動きも合わさり、あのようなダイナミックな動きができるようになっています。

 

動きが大きい分、負担も大きく、関節や関節回りの筋肉が痛みやすいのです。

また腕と肩甲骨の間の関節だけでなく、鎖骨と胸の骨、鎖骨と肩甲骨の間の関節の狂いも肩の痛みに影響します。

一般に肩が痛いというと、腕と肩甲骨の間の関節だけを診て、他の関節が見落とされがちですが、そちらも重要なのです。

 

内臓の問題が肩に影響を与えることも多くあります。

 

内臓は背骨からきている自律神経に支配されています。

背骨がゆがむ→自律神経のながれが悪くなる→内臓の機能低下が起きる

→関連する筋肉に影響を与える→背骨がゆがむ→・・・

といった悪循環で内臓の機能は落ちていき、場合によっては痛みや炎症を起こします。

内臓の機能低下はある特定の部位に痛みを発します(放散痛とか関連痛といいます)

 

胃や冠状動脈、心筋などは左肩に痛みをおこします。胆嚢や肝臓などは右肩に痛みをおこします。脾臓や肺などは両肩に痛みをおこします。こういった内臓関連の肩の問題もけっこうあります。

 

 

○当院の治療例

【50代 男性 会社員】

症状:

1年前、座ったまま左後方の物を取ろうとして、腕を伸ばしたときにズキッとし、以来左肩に痛みがある。

その後だんだん痛みがまし、半年前に痛みがかなり強くなった。

最近はすこし痛みが減ってきたが、腕をあげるとズキッとする。

夜も痛みがでる。後ろのものをとる動作が不安でききない。

他の整体院にもいったが良くならないのでやめた。

 

1回目

検査の結果、左肩の動きが悪くなっていました。さらに首の骨の動きが悪くなっており、骨盤の仙骨と腸骨の間の靱帯がゆるみ、仙骨がゆがんでいました。

 

骨盤の問題は、首の骨や背骨のゆがみを引き起こします。また、首から肩や腕にかけて神経がいっており、首が悪いとその神経の伝達が阻害され、筋肉や関節に問題を起こします。

もともとの痛みはひねったことによる筋肉、靱帯、関節のダメージからきていると思われます。しかし、通常は3週間もあればそれらの炎症は治まるはずです。

それが今だに痛みを継続させるのは、神経の伝達の阻害が原因だと思われました。

 

骨盤の調整、首の骨の動きの調整、背骨全体のゆがみの調整、肩関節の調整を行いました。

 

施術後は、動かしたときの痛みが半分くらいになった、動かしやすくなったといわれました。

 

2回目

動かしてズキッとしていた痛みが、半分くらいに減ったとのことでした。

 

前回と同様の治療を行い、首の骨(今回は環椎)をさらに調整しました。

肩関節に加え、胸鎖関節(鎖骨と胸の骨の間)、肩鎖関節(肩甲骨と鎖骨の間)の調整を行いました。

肩の動きを考える上で、肩関節だけでなく、その周りの関節の動きも重要です。

 

3回目

夜の痛みがほとんどなくなった、不安感はまだあるが、動く範囲が広がり、動かしたときの痛みがかなり減ったとのこと。

 

前回までと同様の治療を行いました。さらに今回は肩周りの筋肉(大胸筋、三角筋、僧帽筋、大円筋等)の調整を行いました。

全身のバランスを整えるためにモビリゼーション(カイロ的マッサージとでもいいましょうか、全身の関節と筋肉の微調整を行うためのものです)を行いました。

 

施術後動かしてみて、痛みはほとんどでなくなった、身体がすごく軽くなったといわれました。

 

 

その後1週間おきに3回、2週間おきに2回、今は月一回のペースで来院されています。

今は肩の方はほとんど気にならないとのことです。

 

コメント

肩関節は股関節にくらべ、関節のはまりがかなり浅くできています。そのため可動域は広い反面、不安定です。筋肉によって肩甲骨に腕がつり下げられているという感じです。

そのため回復にも時間がかかります。

ましてや神経の伝達が阻害された状態では筋肉が正常に機能できず、つねにストレスをかかえた状態なので回復も遅くなります。

 

カイロプラクティックでは、このように慢性的に痛みをかかえる部位を神経の阻害をとりのぞくことで自己回復力を高めていきます 。

 

足のしびれ痛み

足のしびや痛みで来院される方がおられます。

足のしびれには、つま先がしびれるもの、脚の裏側(太ももからふくらはぎにかけて)がしびれるもの、脚の外側がしびれるものがあります。

痛みを伴うことが多くあります。

 

○どうして足にしびれがでるの?

しびれは神経の圧迫があるときに多く起こります。正座を長い間していると足がしびれるのと同じです。

脚の裏側やつま先にしびれが出る場合は、腰の4番目の骨と5番目の骨の間、5番目の骨と仙骨の間からでている神経を圧迫しています。腰の骨がゆがむことがその原因です。

脚の外側にしびれが出る場合は、骨盤のゆがみにより仙骨(骨盤の中央の三角形の骨)からでる神経を圧迫しています。

 

脚のしびれというとお医者さんでは坐骨神経痛と診断され、腰を牽引をされることが多いようです。腰の骨からきているしびれは牽引によって楽になることもありますが、骨盤からきているしびれは牽引によって悪化することもあるようです。

 

また、骨盤や腰の骨をゆがめる原因の一つに、大腰筋(腰の1~ 5番の骨から大腿骨についている筋肉)の過緊張があります。
○当院の治療例

【50代 男性 会社員】

症状:

2週間前から左のおしりから太ももの裏、ふくらはぎの裏にかなりの痛みがでてきた。

しびれ感もある。足の小指薬指には冷たいような違和感を感じる。病院にいって注射を打ってもらったがあまりよくならないということで来院。

首や肩のこりもあり。

 

 

1回目

検査の結果、骨盤のねじれ、腰の骨(腰椎5番)にゆがみ、首の骨にゆがみがみられました。

整形外科的テストを行うと、若干ですが椎間板ヘルニアによる神経圧迫の兆候も見られました。

おしりや脚の痛みは腰の骨(腰椎5番)と仙骨の間の神経圧迫からきていると考えられました。そこで三角形のブロックを敷き、仙骨と腰椎5番のゆがみを取り除く治療を行いました。

30分ばかり骨盤にブロックを敷いた状態を維持。その間にもう一つの神経圧迫の可能性のある梨状筋(仙骨と大腿骨の間の筋肉)の調整、仙骨の傾きの調整を行いました。

 

施術後ベットから起きあがっていただくと、左足のしびれがほとんどなくなったと喜ばれていました。

まだ左足先の違和感は残っているようでした。

 

2回目

しびれや痛みは全体的に軽くなった、場所がふくらはぎから少し下の方(アキレス腱)へ移動したとのことです。

 

前回と同様の治療の後、骨盤のねじれの調整をおこないました。アキレス腱の痛みがなくなりました。さらに首の骨の調整を行いました。

 

足が軽くなったとのことです。

 

3回目

左足先の冷たい感じと、座ったときに左のおしりに少し痛みが残るも、全体的に痛みはかなり軽減し、最初の痛みが10なら1以下になったとのことでした。

 

前回と同様の治療の後、モビリゼーション(カイロ的マッサージとでもいいましょうか、全身の関節と筋肉の微調整を行うためのものです)により身体全体のバランス調整を行いました。

 

身体が、芯から楽になったといわれました。

 

その後数回来院されました。その後足の痛みはでていないそうです。

 

コメント
このような症状の場合、椎間板ヘルニアによる神経圧迫からおきるケースも多くあります。

背骨の骨と骨の間にある椎間板には中心にゼリー状の物体があり、これが飛び出すのが椎間板ヘルニアです。

重症の場合は飛び出したものを手術で除去する必要があります。今回椎間板ヘルニアがあったかどうかは、レントゲンやMRIで確認していないのではっきりとは分かりませんが、軽度のものなら、腰や骨盤の調整により椎間板へのストレスを取り除くことで、軽減する場合もあります。

 

手のしびれ

手に痛みがあったり、手にしびれた感じがある、どうも握るのに力が入らないとう方がおられます。

しびれる場所は手の甲や、小指側、親指の先、手のひらなど部分的なものが多いようです。

 

○なぜ手がしびれるの?

しびれる場合には神経の圧迫があります。手には首や背骨の上部から鎖骨の下を通って、神経がいっています。そのどこかで神経が圧迫された状態になると、そこから先のある部分でしびれが生じます。正座をしていて足がしびれるのと同じ理屈です。

しびれが痛みになる場合もあります。

 

神経を圧迫する原因の一つは、頭蓋骨から首、背骨のゆがみです。神経がでているそれらの骨がゆがむと、骨と骨で神経を押しつぶす形になります。また、鎖骨や肩関節、肘関節、手の根本の関節のゆがみでも、神経が圧迫されます。また、神経が通っている筋肉と筋肉の隙間が狭まることでも、神経の圧迫が起きます。

 

手根管症候群といわれる手のしびれがあります。親指を除く4本の指を曲げる腱は手首のところで束ねられて、8個の小さな手根骨で出来たトンネルを通ります。このトンネルは手根横靱帯という靱帯で蓋をされています。ところが、このトンネルがとても狭くなると神経が圧迫されてこの症状が起きます。片手のしびれの患者の中では、最も多い病気ともいわれています。

 

また、内臓の機能低下から手の痛みが起きることもあります。内臓は背骨からきている自律神経に支配されています。

背骨がゆがむ→自律神経のながれが悪くなる→内臓の機能低下が起きる

→関連する筋肉に影響を与える→背骨がゆがむ→・・・

といった悪循環で内臓の機能は落ちていき、場合によっては痛みや炎症を起こします。

内臓の機能低下はある特定の部位に痛みを発します(放散痛とか関連痛といいます)

胃や冠状動脈は左腕に痛みをおこします。胆嚢や肝臓などは右腕に痛みをおこします。すい臓、小腸などは両腕に痛みをおこします。こういった内臓関連の肩の問題もけっこうあります。

 

手のしびれが脳卒中という重大な問題のサインであることもあります。小さな脳出血や脳梗塞の場合、軽いしびれとして感じることもあるようです。このとき、口も同時にしびれる場合があります。これは手と口を同時に支配している、脳の視床部分に脳卒中が起きたときにでる症状です。

もし、手と口に同時にしびれを感じたら早急に病院で診察を受けることをおすすめします。

 

 

○当院の治療例

【70代 男性 農業】

症状:
3日前から左手をにぎると手首から腕にかけて痛みがでる。握力も弱くなってきた。

手を握るときに腕に突っ張り感を感じる。

 

1回目

検査の結果、首の骨(環椎、頸椎7番)と背骨(第一胸椎)にゆがみがあました。

指を曲げる筋肉は第8神経(首の7番目と背骨の1番目の間からでる神経)が

支配しています。ここが神経圧迫をうけると腕を曲げる筋肉に影響がおよびます。

 

背骨の問題の部分を矯正しました。特に首の7番目が左に傾いているので、あがっている右側をさげるように矯正しました。

 

握力が少しもどってきました。痛みはまだ残っていました。

 

2回目

前回と同様の治療を行い、首を全体的に動きをよくするための治療を行いました。

さらに肩関節、肘関節、手根部の関節の調整を行いました。

 

3回目

握ったときの痛みが10分の1位に減ったとのことです。

 

前回と同様の治療を行いました。

身体全体の調整のためモビリゼーション(カイロ的マッサージとでもいいましょうか、全身の関節と筋肉の微調整を行うためのものです)をしました。

 

握力が完全にもどってきた、右よりも左の方が強いといわれるくらいになりました。

 

コメント

今回は症状がでて3日目で来院されたために、結果もすぐに出たようです。腕や指に問題が起こっても原因はその部位にはなく、首や背骨にあることが多々あります。

首や背骨には骨と骨との隙間に椎間孔といわれる神経の出口があります。骨と骨の位置関係がずれる(ゆがむ)と狭くなった椎間孔のところでは神経が圧迫されます。

そうすると脳からの命令や、筋肉、臓器、皮膚、関節などから脳への情報が阻害されます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加